TOP MEMBERS 活動記事 GOODS販売 フットサル全般 OHRA神話 くだらん系

December 2007

December 11, 2007

歴史を刻んだ戦士達5

ALL OHRA
2007年度シーズンにおいてOHRAは選手権群馬県大会優勝、関東二部参入初年度にて残留という結果を残しました。

フットサルの歴史の1ページを皆で刻む事が出来ました。

本当に運営、選手達には感謝致しております。

歴史の中でチーム名は残ってもその中で戦って来たメンバーは名前までは刻まれないので、今シーズンがんばってくれたメンバー達をここで刻ませてもらいます。

本当は一人に一言くらい添えてあげたいのですが割愛させて頂きます。

役員
代表 永井 孝幸
GM 福島 聡
運営スタッフ 松田 直也
運営スタッフ 菊地 賢
会計 根本 拓
監査 内田 雅史
フィジカルコーチ 清水 鉄也
トレーナー 長谷川 雄也 
運営補佐 刑部 陽一
プロモーションAD 山田 達也


登録選手
NO1.根岸 直也[GK]
NO2.熊倉 巧也[FP]
NO3.加藤 裕太[FP]
NO4.北隅 智宙[FP]
NO5.岩尾 信明[FP]
NO6.大久保 圭司[FP]
NO7.大澤 政史[FP]
NO8.沼尾 勝重[FP]
NO9.石村 優介[FP]
NO10.茂木 学[FP]
NO11.関口 勝久[FP]
NO12.川島 正人[FP]
NO13.新井 裕巳[GK]
NO14.高岡 宏[FP]
NO15.秋山 太郎[FP]
NO16.猪崎 信吾[FP]
NO17.入江 徹[FP]
NO18.手塚 伸也[FP]
NO19.石橋 優也[FP]
NO20.鈴木 誠[GK]

以上30名総勢で作り上げた結果です!

本当にメンバー初め、支えてくださった螢┘椒螢紂璽轡腑麝UP BEAT様、キクテック様、加須フットサルパーク様等々スポンサーの方々、また少しでも応援してくださった方々にあらためて、お礼申し上げます。

今年度公式戦はもうありませんが、来年、来期に向けて更にプラスの精神を持って日々努力してまいります。

+une mente!!
satoshi_f at 20:02|この記事のURLComments(0)

December 10, 2007

関東リーグ2部・暫定残留決定!

12月9日、山梨県小瀬体育館にてKFL2最終前節、栃木の三栄不動産FC宇都宮を3対1で降し、勝点を11に伸ばし順位も得失点差ながら7位に浮上し不祥事が無い限り、来期も関東二部の舞台で戦える事が決まりました!

しかし、勝った時だから言える課題?が見えて来ました。

勝って残留が決まった試合後ミーティングではまるで敗戦したかのような雰囲気。

勝った時こそ言えた事だったのかもしれない、フラストレーション。

皆の言い分は分かるし、誰が正解で誰が間違っているとは思わない。

フラストレーションを貯めていることは私個人、なんとなく分かっていた。

が、勝ちへの確立を考えると今期は最終2節の中で変える事が出来なかった。

彼には武器がある。

シュート力。それは彼にしか出来ないことで彼の個に頼る配置ではあった。

ここには自分の責任であることが大きい。

本当の意味でのチーム一丸。

後半では守備への不安から一から組み直し、後半だけでは結果は0対0。

これでいいのか?

勝つことへのプライオリティ。

一人一人が自分の役割を果たすことがチームを勝利に導く。

後半0対0ももちろん結果論であってそのまま行っていたらどう流れが変わったのかは分からない。

が、結果勝ちは勝ちで喜んで欲しかった。

残留に向けて選手の思いは少なからず強かったはず。

残留することで来期にはつながった。

絶対的な監督が必要なのか?絶対的リーダーが必要なのか?

今はまだ結論が出ないが、個々を伸ばし、チームが一つの事を共有すること。
これだけは今からでも出来る事。

まだまだOHRAは始まったばかり。

こうしてチームを作って行くべきで、皆がチームの力であり、未来を背負っている。

まずは残留決定おめでとう!



Total count
SELECTIVO de OHRA
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
訪問者数

楽天市場