TOP MEMBERS 活動記事 GOODS販売 フットサル全般 OHRA神話 くだらん系

May 2008

May 27, 2008

意識1

今日あらためて強く感じたこと、チームの意識統一。

チームという看板を背負って戦うこと。

何を目指して戦うのか?

関東一部昇格?

関東二部残留?

はたまた個人の上達?

なんとなく関東リーグでプレーがしたい?

練習試合はなんの為?

リーグに向けての調整?

経験?

色々個々が思うことってまだまだ統一出来ていないと思う。

アマチュアのスポーツだけどスポンサーが付いてくれている時点で沢山の投資をしてもらっている訳でそこは選手にはプロ意識を持ってもらいたい。

仕事があるのも充分分かる。

家族や恋人、他に大切なものがあるのも分かる。

だけどそういうもののバランスを取りながらフットサルに打ち込んできた人たちが巧くなり、そういった人達が集まったチームが強くなるんだろうなぁと思う。

東京都選抜に大敗をし泣いた奴がいただろうか?

俺は監督ではないが今回スタッフとしてベンチに入り、負けた瞬間すげぇ〜悔しかった。

記念試合じゃないし。

昔はうちのチームは負けたらよく泣く泣き虫チームだった。

初めての選手権でFuteに負けた時、リーグ参戦しBFCに負けた時、クラウドに負けた時。

沢山泣いた。

ここ最近でチームの半数以上が泣いたのって関東二部開幕の高西戦が最後のような気がする。

選手権の関東大会でFUTUROに負けて泣いたのはほんの一部の選手だけだった。

泣く事が良いことだとか、美しいことではないがそこまで意識が高かったって事だろう。

今回東京都選抜に負けて泣いた奴はいなかった。

むしろ笑っている奴もいた。

なんとなく勝てるんじゃ?っていう気持ちが嫌いだ。

勝つんだ!っていう強い気持ち、意思がないと勝てないよ。

気持ちが強すぎるとプレーが硬くなる。それは自分でコントロールするものであると俺は思う。

開幕前に再認識させられた事が唯一の収穫だ。

もう一度意識を高く。

上には上がいる、だから超えなきゃいけない。

超えられない壁はない。
Total count
SELECTIVO de OHRA
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
訪問者数

楽天市場