TOP MEMBERS 活動記事 GOODS販売 フットサル全般 OHRA神話 くだらん系

December 2008

December 29, 2008

御殿下スーパーカップ1日目。5

御殿下スーパーカップ2008 予選リーグ午後の速報です。

下記F-NETオフィシャルサイトより引用

(D)
SELECTIVO de OHRA 2-2 woodsbear
→午前のPierrotの再現なるか?学生チームwoodsbearが健闘。
ロクFC 6-4 我汁
→わずか5人で勝利したロク。残り2試合もつかが鍵か。

(E)
ジュビロ磐田 1- 0 Del Arroz
→ジュビロ磐田が苦しみながらも後半に1点を入れ1勝
湘南フットサルクラブ 2-1 海Boz
→湘南が後半の2得点で逆転

(F)
JOGARBOLA 1-0 C.A.Evolicion
→FIREFOX、XEBRAなどで構成されたJOGABOLAが先勝。
funf spieler 4-1 ミリオネア横浜
→関東リーグ参入戦の前哨戦は、funf spielerが勝利。

(D)
SELECTIVO de OHRA 8-1 ロクFC
→前半は1-0だったが、後半は一方的な展開
woods bear 1-4 我汁

(E)
ジュビロ磐田 4-1 湘南フットサルクラブ
→ジュビロが危なげなく2勝目。
Del Arroz 1-0 海Boz

(F)
JOGABOLA 2-3 funf spieler
→funfが逆転勝ち。JOGABOLAはパワープレーをするも追いつけず。
C.A.Evolucion 2-1 ミリオネア横浜

(D)
SELECTIVO de OHRA 3-2 我汁
woods bear 4-6 ロクFC
→OHRAと我汁の勝った方、引き分けならロクが勝ち上がりという展開で、残り1秒、パワープレーからOHRAが得点し1位通過。

(E)
ジュビロ磐田 1-3 海Boz
Del Arroz 4-1 湘南フットサルクラブ
→海BOzが逆転したことにより、Del Arrozが1位通過となった。FC.Pierrotに続いて、予備予選通過組2チーム目。

(F)
JOGABOLA 1-0 ミリオネア横浜
C.A.Evolucion 2-5 funf spieler
→山梨1部の funf spilerが3勝で予選通過を決めました。

この結果を受けてOHRAはDグループ1位でベスト8、明日の決勝トーナメントにコマを進めました!

午前の部では関東リーグチャンピオンFUGA MEGUROが敗れる波乱も!


■御殿下スーパーカップ2008 決勝トーナメント組み合わせ■

御殿下スーパーカップ2008(協賛:VOLANTE)の予選リーグの結果、明日の決勝トーナメントは以下の通りの組み合わせとなった。

9:30〜 FC Pierrot VS Del Arroz Futsal Club
→予備予選からあがってきた2チームの戦い。

10:40〜 SELECTIVO de OHRA VS ZOTT
→昨年準優勝のZOTT が登場し関東2部同士の対戦。

11:50〜 Artista埼玉/ボアスコンプラス VS funfspieler
→関東2部優勝の勢いのままのArtistaにfunfspielerがどこまで食らいつくか。

13:00〜 GAZIL VS 高島アントラーズ
→昨年の王者高島アントラーズに、関東大学リーグ覇者のGAZILが挑む

本日同様頑張ります!

December 26, 2008

2008関東リーグ最終節、tzk戦。

tzk戦
関東リーグ2008最終節、第一試合でUFCがNOVO MENTEに2対1で勝利し、試合前の暫定順位は10位に転落。

OHRAにとっては勝てば残留確定、そして相手のIwatsuki Futsal Club/tzk(暫定3位)は1部入れ替え戦出場を目指し、どちらも絶対に負けられない試合でした。

その試合は、まさしく混沌としており、前半は1対1で折り返し、後半は激しい攻防が繰り広げられました。一時期3対1まで突き放すがIwatsuki Futsal Club/tzkはパワープレーを仕掛けるが耐える時間が続く。
1点を奪われるが、直後無人のゴールへ背番号20GK鈴木が無人のゴールへ!更に背番号4北隅がカウンターからゴールを奪い5対3!

逃げ切りたいOHRAだったが最終残り40秒位で失点、1点差まで詰め寄られましたが、相手の反撃も耐え抜く。

5-4の結果で、OHRAは勝利で残留を果たしました(最終順位 9位/12位)。

今季の中で一番時間が長く感じた試合でした。

今回本当に感じたのは個々の力ではなくチーム一丸で勝利した試合だったと思います。

以前、ジョナス(前・大原学園JaSRA監督)とお話をさせて頂いた際に『今年は上手く特出した選手はいない、だからチームとして勝つ戦いを目指す。』って北信越リーグ開幕前に話していました。

結果として大原学園は北信越リーグで首位を独走している。

今回試合が終わった直後にこの時のジョナスの言葉が頭を過ぎりました。

最終順位9位は決して良い成績ではないですが選手は自信を持って来季に向けて進んで頂きたいと思います。

しかし、まだ今季のシーズンは続きます。

次の公式戦は選手権関東大会、頑張って昨年以上の結果を出したいと思います。

December 07, 2008

全日本フットサル選手権群馬県大会!準決勝、そして決勝へ!5

12月7日(日)渋川総合公園体育館にて全日本フットサル選手権群馬県大会優勝をかけた戦い!

まず準決勝第一試合はBFC-KOWA対前橋育英高校!

前橋育英は高校サッカー選手権で群馬を制し全国大会への切符を手にしたばかり。

群馬の高校サッカーではかなりの名門。

今年から群馬県リーグに参戦したチーム。

この日の応援はサッカー部のメンバーを始め、父兄の方々から総勢およそ100名近くはいたのではないでしょうか?

結果は前橋育英が先制するもその後はBFCが着実に点を刻み結果は5対3でBFCの勝利。

前橋育英の応援は驚異でしたね・・。自分達だったら完全に飲まれてしまいそうでした。

第二試合は私達SELECTIVO de OHRA対TAMACREATE!

決勝に進んだ場合を想定して戦うのか?

ただ目の前の試合を全力で戦い、次は次で考えるのか?

一日で2試合戦うのはそういう部分ではすごく難しい戦いでした。

前半1点を奪い、流れに乗るか?と思いましたが全てが中途半端・・。

主力を休ませる訳にはいかない展開に。

ただ今は底上げも出来てきているので誰が主力?っていうのもそもそも無いのが現状ですが。

そして結果は1対0で辛くも勝利。

決して手を抜いた訳ではなく本当にディフェンスも巧く崩せなかったのが正直な感想です。

ですのでもちろん選手なんて休ませる訳には行かず、課題ばかりが山積みになってしまいました。

やはりベスト4まで来るとどこが勝ってどこが負けてもおかしくない。

そして決勝はBFC-KOWA!

実は公式戦で過去BFCにはうちは勝ったことがないんです。

準決勝での課題を出来る限り整理し、約1時間後には決勝戦というハードスケジュール。

しかし、準決勝で巧く行かなかった事を修正したのが功をそうし、立ち上がりは上々でした。

惜しいチャンスもいくつかあり準決勝とは別の雰囲気に変っていました。

と思っていましたがキックインの混戦から失点・・。

いつもならここで悪い流れになるのですが今日は違いました。

きっとみんなの中にこのまま焦らずやればまたチャンスは訪れるという思いがあったのでしょう。

そしてコーナー付近から折り返したボールを9番小柴が押し込み同点!かと思われたゴールですが判定はノーゴール・・。

こちらから見ると入っているように見えたのですが審判が同サイドから見ての判断だったのでしょうからしょうがない。

前半はこのまま0対1で折り返す。

後半早々にも流れは良く1点を返し、同点に!

そして更にゴールを奪い2対1の逆転に成功!

その後相手の退場もあり数的有利になるが得点を奪えず・・。

しかし、その後も攻勢は続き更に相手別の選手が退場。

その展開はしっかり有利に進め追加点で3対1。

ここからは点差を考え落ち着いた展開を運びたいと思っていました。

が、BFC5番チアゴ山崎選手のパワープレー開始。

なんとか耐えしのぐ時間帯がつづくが、一瞬ボールが切れたと思いプレーの気が抜けた瞬間にゴールを決められ3対2に。

これも切れたという審判の判断と勝手に思い、プレーに集中できなかった責任だと思います。

その後相手5ファウルからのチャンスを2本外してしまう。(みんなごめん・・あそこは中でプレーしている選手に蹴らせるべきでしたね・・。)

確か去年の選手権の時にも書きましたが5ファウルは僕達が関東に上がった年に一番苦しめられた課題だったんです。

群馬県リーグは15分のプレーイング、関東は20分のプレーイング。

この5分の差は凄く大きかったんです。

ましてや県リーグは正規サイズが取れず狭く、関東はもちろん20×40の正規サイズ。

この差と関東でのジャッジの厳しさにとても苦しめられました。

そして関東の運営上、審判への試合中の抗議はもちろん、許されず審判は絶対であって文句を言うなという指導をされてきました。

その経験は活きているのかな〜と思います。(まだまだな事もありますが)

そして3度目の第二PKを5番岩尾が決め4対2に!

残りは時間配分を考えたボール運びへ!(これも昔は試合下手だったなぁ〜。緩急がつけられない事が多かったと思います)

そしてそのままタイムアップ!

4対2で見事勝利し、悲願の2連覇達成!関東大会へコマを進める事が出来ました。

しかし、BFCはやっぱり強かったと思います。

実は今年の戦いを自分自身見た事がなかったのですが個々は巧いし、フィジカルも強い!見習う事も多々ありました。

BFCは群馬県リーグ優勝は決まっているので参入戦に上がって来ます。

自分たちもリーグは只今関東残留に向け次は大切な最終節があります!

お互い大切な次の戦いに向けて頑張って行ければ良いと思います。


そして今回決してチームが良い状況ではない中で最良の結果が出せた事は少なくとも糧になります!


選手のみんなお疲れ様でした!

優勝おめでとう!


これで自分も選手権で負ける夢を見続けた日々から開放されそうです・・・。
選手権、優勝!

December 01, 2008

全日本フットサル選手権決勝トーナメント始まる!

11月30日(日)渋川総合体育館にて全日本フットサル選手権群馬県大会決勝トーナメントが始まりました。

SELECTIVO de OHRAの相手は県二部所属のForca Caneta。

結果は12対2で勝利し、ベスト4にコマを進めました。

今回は普段なかなか出場機会のなかった選手にもチャンスを与え臨みました。

新たな収穫も見えました。

が、正直言ってこのまま優勝出来るほど甘くはないでしょう。

やはり普段から出場機会が少ないメンバーでセットになるとチグハグ・・・。

そしてディフェンスも声がかからずずれる。

底辺でボールを奪われる。

等々課題も沢山ありました。

もちろん結果だけみれば10点差をつけているのですが、このまま準決勝に臨むのは危険ですね・・・。

しかもTAMACREATEは一部でも3位につけており、実力的にも十分強いチームだと思います。

もう一度、気持ちから修正して大会2連覇は決して安易なことではありませんが、皆で団結し、来週に向けて臨みたいと思います。

12月7日(日)の準決勝の組み合わせは以下の通り

BFC-KOWA Oizumi 対 前橋育英高校サッカー部

SELECTIVO de OHRA 対 TAMACREATE

尚、決勝に進んだ場合は同日15時30分より決勝戦となります。



〜番外編〜

昨年までOHRAでプレーしていた選手が多く在籍し、今大会に参加したTATEBAYASHI ACCは決勝トーナメントにコマを進めましたがTAMACREATEに2対5で残念ながら敗退致しました。

勝利していれば準決勝で対戦する予定でしたが実現することは出来ませんでした。
Total count
SELECTIVO de OHRA
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
訪問者数

楽天市場