TOP MEMBERS 活動記事 GOODS販売 フットサル全般 OHRA神話 くだらん系

January 2009

January 22, 2009

2009年度メンバー募集・セレクションのお知らせ!!5

募集
SELECTIVO de OHRAは、チーム強化のためメンバー募集を致します。

フットサルを真摯に取り組む姿勢のある方、意欲のある方、
お気軽にご参加下さい。

※2009年度はフィールドプレイヤーのみの募集になります。 


■参加資格■

1、16歳以上の責任のある男子(高校生可)

2、フットサルまたはサッカー経験者

3、合格した場合、SELECTIVO de OHRAの所属選手として登録し、チーム練習及び公式戦に参加出来ること

■セレクション実施日■

2月13日(金)、3月20日(金)他、通常練習日も応相談

■セレクション会場■

邑楽町ヤングプラザ
http://www17.ocn.ne.jp/~orayoung/map.html

■セレクション参加費用■

無料

■練習参加日程■

2月13日(金)以降の通常練習に自由参加して頂けます。

■練習生中の参加費■

3000円(3月末までこの金額で練習に自由参加出来ます)

※現在当方に所属している選手と一緒に練習に参加していただきます。


■申し込み方法■

以下の内容を明記の上、std_ohra@yahoo.co.jpまでメールにてお申し込みください。

  ・氏名(フルネーム) / フリガナ / 年齢 / 職業

  ・住所 / 電話番号(携帯電話可)

  ・メールアドレス

  ・サッカー及びフットサルの現所属チーム

  ・サッカー及びフットサル歴(年数)、(過去所属チームなど)

  ・利き足

*頂く個人情報は今回のセレクションにのみ活用しコンプライアンスに基づき情報漏洩致しません。

■結果発表■

何度か練習生として参加していただき、 お互いの合意の上、

正規メンバーとして登録させていただきます。


■備考■

運動に適した服装、フットサルシューズをご用意ください。


■チーム活動■

練 習 : 火、木、金曜日 19:30〜21:30 土日のいずれか練習試合等

場所 :大泉北中学校、NESPOフットサル場、邑楽町ヤングプラザ

公式戦 : 関東リーグ二部、全日本選手権


■チーム戦績■

2008年度

関東リーグ二部 4勝1分け5敗 第9位

全日本フットサル選手権群馬県大会 優勝 関東大会進出


■問い合わせ先■

メールにてお問い合わせください。

std_ohra@yahoo.co.jp


■SELECTIVO de OHRA official web■

http://std-ohra.boy.jp

January 21, 2009

おかげさまで10万!5

おかげさまで10万!

何の話かと言いますとSELECTIVO de OHRAのオフィシャルサイトhttp://std-ohra.boy.jpですが2007年4月にサイトをリニューアルしてからのアクセス数が10万件を超えました!

オフィシャルサイトって自分はすごく大事なものだと思っていて、クラブとしての広報、活動報告はもちろんの事、今まで自分達がどんな活動をして来たのか?という事が振り返れる良い意味での軌跡になってます。

このブログも同じですがこのブログの初期のものを振り返ると相当ふざけていたなぁと反省すると共にたまにはふざけた事を載せてもいいかな?なんて思ったりもしてます。

このブログを真面目に書くようになったのは2007年度に関東リーグに昇格した時からで、関東リーグ昇格後もフットサル活動以外にもたまにはふざけた・面白かった事が沢山あったのですが、真面目な事ばかり書いてしまっていました。

昨日は2008年度の公式戦全日程が終了したので練習をオフにして打ち上げ会へ邑楽町の仲屋にて。

なんか改めて今季は色々あったなぁ〜って思うと同時に良い経験が出来た1年でした。

今季は3月まで実質ありますが、ちょっとだけオフの期間を用意して来季に向けて早めの始動をしたいと思います。

来季に向けて選手(フィールドプレイヤーのみ)を募集致しますがまた詳しくは別の場で次回ぐらいには広報致します。

先立って興味関心のある方はstd_ohra@yahoo.co.jpまでお気軽にご相談下さい。

January 19, 2009

SELECTIVO de OHRA レディース提携設立のお知らせ。5

ボルボ
2009年度より兼ねてより交流の深かった現在関東女子フットサルプレリーグ2008年に参戦している、ボルボレッタ フットサルをSELECTIVO de OHRAのレディースチームとして提携する事になりましたのでご報告をさせて頂きます。

今後は合同練習、運営協力・相談等を双方で図りクラブとしての基盤を築いていきたいと思います。

2009年度は男子トップチーム、レディーストップチーム共々クラブとして活動の幅を広げて行きたいと考えております。

今回の提携に至ってはOHRAより練習指導やOHRAへの練習参加を重ねている中でお互いの利潤関係において遜色がなく、今後の双方の発展へのメリットを重視した結論です。

今後は更に練習へのコーチ指導やお互いでの運営協力をしていく事での一つのクラブとしてのお互いのチームの発展へと考えております。

今後はU-18等の若手選手育成も視野に入れ、地域のフットサルの普及、活性化につなげて行きたいと考えております。

狭い範囲で考えるのではなく広い視野を持って活動の幅を広げて行きたいと思います。

satoshi_f at 23:17|この記事のURLComments(0)

January 18, 2009

今を生きる!それが明日への力になる。3

7d815fa0.bmp
今日がんばれば
明日が楽しくなる

毎日を楽しむために
今日がんばる


シンプルなことのように思えますが、一番難しい。

苦しい時にこそ、自分が楽しめるきっかけを探す。

苦しいからと言って、苦しい面ばかり見ていると、見落とすものが多くなる。

がんばった後の爽快感は、ウソじゃないだろうし、がんばったことによる自分への蓄えは、後々、自分を裏切らない。

そういう蓄えが、明日を見る自分の目とか、明日もがんばれる力とかを作っていく。

だから、やっぱり、今日がんばらなくちゃいけない。

明日が楽しくなるためには、今日をちゃんと生きることからスタート。

今日から楽しみましょう。

気持ちも新たに頑張ろう。

全日本フットサル選手権関東大会敗戦。1

円陣神奈川県立体育センターにて行われた全日本フットサル選手権関東大会第一戦、山梨代表のfunf spielerに1対2で敗戦しSELECTIVO de OHRAの2008年度の公式戦は全て終了致しました。

funf spielerは守備が堅く、個人技の強いチームでした。

年末の御殿下スーパーカップで初めて戦いを拝見しましたがその時から強い印象を受けました。

山梨県リーグも優勝がほぼ決まっており、参入戦に上がって来るチームです。

本当に戦い方が難しくここまで崩せない、また自分達の攻め方が出来ない、むしろ何もさせてもらえなかったというのが言葉としては合っているかもしれません。

関東二部だから勝たなきゃいけないとか関係なく相手の方が上手だったというのが全てでしょう。

【戦いは既に始まっていた】

御殿下での選手権で対戦する相手への研究意識。

御殿下へのOHRA参加選手は実質7名、翌日はOHRAからは5名。ZOTTと善戦するも敗戦。

対するfunf spielerはArtista埼玉と同点(PK戦で敗戦)

そして関東大会前日OHRA前泊者は選手は3名のみ。(FP1名、GK2名)

対する相手は全員前泊。

邑楽を出発したのは朝5時半発。

こういった意識の差は戦い前からあったのかもしれません。

そしてチームでの意識統一への欠如。

こういったものの重なりが今回の結果につながったと思います。


【来季の体制と方向性】

来季に向けてOHRAは昨年度より早目の体制の構築と準備期間の有効活用が急務だと思います。
昨年度はスタートが遅くなって入りが悪かった、これはその前の年も同じ事が言えます。
*来季体制は決定していき次第ご報告させて頂きます。

またチームの戦術とかとは別に個人としては礼儀、感謝、敬意を重んじて行きたいとあらためて思っています。

大会、リーグ運営してくれている方々、相手選手へ、また支えてくれているスポンサーの方々への礼儀、感謝、敬意、そして共に戦う仲間への礼儀、感謝、敬意。
こういったところがしっかりして行く事で一つのチームから本当の意味でのクラブへと成長して行きたいと思います。

そして練習参加を重んじ決して巧い選手の集まりではなく、チームで勝つ!という意識への変革の年であると思います。

スタッフ、選手、監督全てに関してもう一度戦えるクラブへ。

結成5年目を向かえる来季、本当の意味でクラブの力が問われます。

勝利だけではない大切な物をつかまなければ未来は明るいとは思えません。

お金で巧い選手を集める事が強いクラブへの近道だ!とは私自身全く思っておりません。

お金が出ているから頑張らなきゃいけない、ではなく『俺はこのチームで頑張りたい!俺が頑張り、仲間を信じて勝利を目指して戦う!』という意識の集まりは戦術以上の成果が出ると私は思います。

来季勝利以上の力をつけられる事を期待しています。

January 13, 2009

クラブを形成していく事。5

人は ひとりで
生きているのではありません。
まわりにいる
おおぜいの人たちとつながって
ささえあう輪の中で
生きているのです。

だれひとりとして
意味のない人は、いない。
だれひとりとして
価値のない人は、いない。

ひとりひとりが
なにかの役割になって
人のささえあう輪の中に
生きているのです。

(口で歩く、丘修三)

自分の役割が見つかるまでは、支えあうという輪の中に入れないような気がしてしまいます。

ただ支えられている感じ...

支えられているのは、最初は心地いいものですが、だんだん無力感が出てくるかも。

そうなると、
意味のない人、
価値のない人はいない、
と言われながらも、

役割の見い出せない自分を自覚したら、孤独感も感じてくるでしょう。

支えあうという言葉は、いい響きにもなりますが、プレッシャーを与える響きにも
なります。

自分の役割を見つけることを怠けてはいけませんね。

SELECTIVO de OHRAはプロでもなくかと言ってスポンサーがいる以上アマチュアという考え方が正しいとも思えない。

個々がしっかりとした考え方を持ち自分自身と組織をしっかり見れる人間になってもらいたいと思います。

まず第一に『フットサル選手』である前に『一人の人間』なのである。

人として足りない物があるのは誰にでもある。しかし、それを少しづつ埋めて行こうという人間は成長する。フットサル選手としても同じ。

一つ言えるのは人間が成長すればアスリートとしても成長出来ると思う。

どんなにプレーが上手い選手でもチームとは一人でプレーするものではない。

今季はまだ選手権を残していますが来季はまた人としても成長していける組織にして行きたい。

January 09, 2009

1月6日(木)の上毛新聞にて5

上毛新聞1月6日
1月6日の上毛新聞(上毛スポーツ)一面に当方SELECTIVO de OHRAの全日本フットサル選手権群馬県大会優勝、及び関東大会へ向けての記事が取り上げられました!

こうして取材に来て頂き掲載して頂けると逆にプレッシャーもありますがチームとして強い励みになります。

こういった中からOHRAっていうチームを知り、興味を持ってくれる人が増えてくれれば本望です。

関東大会では山梨県代表のfunf spielerと対戦します。

もしこの試合に勝てばCAFURINGA東久留米とCAMISAの勝者と対戦という事になります。

funf spielerさんは御殿下スーパーカップで私たちと同じく決勝トーナメントにコマを進めていました。

感想はすごく守りが堅く強いチームという印象を受けました。

御殿下スーパーカップ決勝トーナメントでも今季関東二部を制し来季から関東一部に昇格が決まったArtista埼玉と1対1のスコアでした。(PK戦にてArtistaの勝利)

やはり関東大会に上がって来るチームだけあって実力のあるチームです。

まずは1戦1戦を大切に、ひいては一瞬のプレーを大切に戦い抜きたいと思います。

是非関東大会では昨年以上の結果が出せるようがんばりたい所存です。

応援の程よろしくお願い致します。

SELECTIVO de OHRA Oficial Site

January 04, 2009

新年明けましておめでとうございます。5

新年明けましておめでとうございます。

今年も心機一転OHRAらしく戦い抜き昨年以上の結果はもとより、クラブとしての基盤作りの為の1年にしていきたいと思います。

年末の御殿下では決勝トーナメントに進むも1回戦ZOTTに前半は2対0でリードして折り返すも後半は逆転され結果4対5で敗戦してしまいました。

集まった人数はFP5人。

しかし、人数はさておき面白い試合でした!

みんな最後はボロボロになりながら戦っている姿が自分には頼もしく思え、熱い気持ちも見せてくれました。

勝てば後2試合あったのでちょっと1試合消化して2試合は厳しかったかもしれませんね。

今年は新年早々全日本選手権関東大会が1月18日、神奈川県立センターにて行われます。

勝てば同日で2試合、それも進めば24日の準決勝になります。

年始早々また新しい戦いが始まります。

昨年はCAFURINGAを破って、FUTUROに2対3で敗戦し、ベスト8で関東大会は終わりました。

今年は昨年以上の結果が出せるよう戦います。

関東二部も2008年は勝点を13(4勝1分け6敗)で終え、昨年と同順位の9位で幕を閉じました。

今年はなるべく早めの体制構築、早めの始動をし、調整をして行きたいと思います。

今年は本当の意味で勝負の年になると思います。

心して臨みたいと思います。

今年もよろしくお願い致します。
Total count
SELECTIVO de OHRA
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
訪問者数

楽天市場