TOP MEMBERS 活動記事 GOODS販売 フットサル全般 OHRA神話 くだらん系

August 2009

August 26, 2009

伝承5

Jリーグの各クラブでは『豊かなスポーツ文化を築く為の存在』というクラブが多くあるが、そもそもスポーツ文化って何なのだろう??

一般的にスポーツの楽しみ方は『する』『見る』『支える』の3通りがあると思うがここに『語る』という事も必要なのではないか?と思う。

伝承という行為がなかったら文化は創造できないのではないか?

今、仕事を通じても感じる事ですがコミュニケーションの不足は感じる。

特に世代を超えての対話になると機会が限られる。

欧州のサッカースタジアムではお年寄りが孫に『このクラブは50年前は強かったんだよ』という会話も交わされるらしい。

しかし、日本のサッカー界は歴史が浅くその傾向はまだまだ少ない。

フットサルにおいては日本では本当に走り出した程度だと客観的に思う。

伝承していくということは本当にこれからなのだと思う。

いかにしてフットサルを語る場を作れるか?また提供出来るか?

現に邑楽町長に会いに行き、話をし、町長に会う機会があるとフットサルの話題が出る。

うちの父親においてもネスポフットサルマラソンはその後どうだ?と聞かれる事もある。

会社で今チームはどう?と同僚はもちろん、社長からも聞かれたりする機会がある。

語り合い、語り継ぐ場が増えれば社会は活気づき、潤いが増す。

そしてクラブは人々に語られる事で得る力もあるのではないか?と思う。

もっともっとフットサルが語られ、チームの事が語られ、地域の事が語られれば周りの『支える』という力も備わるのではないか?

『支える』とは出資の事ではない。応援してくれるという支えだと思う。

批判される事もあるだろう。でも純粋に頑張って欲しいと思ってくれる人も居るだろう。

そんな思いを大切にチームから本当の意味での愛されるクラブに成長して行きたいと思った今日この頃である。

August 24, 2009

強くなる!5

チームは現在11位と厳しい状況にいます。

強くなりたい!強くなる!強くならなければいけない!

そして私個人も強くなりたい!強くなる!強くならなければいけない!

強い意志が必要だ!

気持ちが折れてはダメだ!

フットサルだけではなく32年生きていると色々な事を経験して来た。

少なくとも20歳の自分よりは経験値は高い!

高校1年から倍生きた!

振り返ると高校1年って意外と最近だった気がする・・・。
周りから見れば違うだろうが・・・。

絶対やれる!絶対やろう!

これは自分の意思です。

チーム丸ごと応援してやってください!

August 21, 2009

理想は沢山あるけれど・・・5

早いものでSELECTIVO de OHRAが連盟に登録し、公式リーグ参入から5年目を迎えています。

5年ってまだまだフットサル界の歴史の中では若いですよね??

まだまだ若輩ものです・・・

だけど理想を言えばU18とか作りたいなぁ〜。

でも自分一人では仕事を抱えて家族を抱えてマイホームローンを抱えて限界はありますね・・・

なんか若いメンバーと接しているとすごく新鮮な気持ちになって胸が熱くなります。

自分と同じ世代77年生まれって関東二部でもプレーヤーでまだまだ居たりして純粋にすげぇな〜って思ったりしてます。

自分はもうボールを蹴る事は出来ないけど、たくさんの若者に夢を与えることは出来るんだろうな。

自分が夢を与えられる訳では無いのでそういう環境を作ってあげたいな〜。

U12とかも面白いだろうな〜。

U18の高校生の集まりがフットサルでは県内の有名校を倒す!とかってすごくモチベーション上がるだろうね。

その為にはしっかりとした土台が必要だ。

だから色々あるけれど1度しかない人生だから悔いのない一生にしよう。

やらずして後悔するよりはやって後悔しよう。

私の恩師がこう言ってました。

『失敗しない人は何もしない人』って。

何もしない人生だったらせっかくだから思いっきりやってみます!!

keep in touch・・・

August 17, 2009

第6節を終えて・・・5

OHRA第6節、ファンターズ戦は前半1対1で折り返すも後半に失点が先行し、結果2対4で残念ながら敗戦となりました。

これまでの順位と勝ち点

1位:コロナFC/権田 13

2位:UFCJAZZYSPORT新横浜 13

3位:三榮不動産FC宇都宮 9

4位:KASHIWA TOR’08 7

5位:Iwatsuki Futsal Club/tzk 7

6位:Snr EAGLES 千葉 7

7位:ミリオネア横浜 6

8位:N.U.FantarsSALL-TRAP 6

9位:BFC KOWA OIZUMI 5

10位:NOVO MENTE 4

11位:SELECTIVO de OHRA 4

12位:大洋薬品 BANFF TOKYO 3

といったOHRAにとっては厳しい状況が続きます。

が、考えようによっては4位以降が均衡しており、OHRAが次節で勝利すれば現在の勝ち点のまま推移すれば、一気に勝ち点では4位に並ぶ事も出来ます。
*もちろん他のチームも試合があるので現在の勝ち点は変動しますが・・・

次節は勝ち点同率のNOVO MENTEとの対戦!

更に次々節は勝ち点7のSnr EAGLESとの対戦です。

間違いなく来季を担う大切な2試合になると思います。

ここで勝ちきるかどうか?

本当に大きな2試合であり、もちろん相手にとっても大切な試合だと思います。

気持ちと気持ちのぶつかり合い!!

是非チーム一丸となって頑張りたいと思います。

〜OHRAの残りの試合〜

9/6(日) 小瀬 VS NOVO MENTE
9/19(土) 足利 VS Snr EAGLES千葉
9/21(月) 東金 VS UFC JAZZY SPORT
10/4(日) 栃木市総合 VS Iwatsuki Futsal Club/tzk
10/11(日) 小山県南 VS コロナFC/権田
12/19(土) 駒沢 VS ミリオネア横浜

と残り6試合です。

残りの中盤以降には上位陣との戦いも待っています。

1試合1試合を大切に戦い来季につなげたいと思います!!

今、大切なのはチーム一丸となること!勝利への執着心を持つこと!だと思います。

今後とも応援の程、よろしくお願い致します。

August 12, 2009

最近の私事〜番外編〜1

本日家族サービスの為、初めて家族4人で海に繰り出しました!

娘は3歳と今年2歳になる2人でビビッてすぐ帰るって言うかと思ったら意外と平気でした。

それはどうでも良いのですが、昨日海パンを持っていない事に気づき、練習前に街をフラフラと。

まああまり海に行く事はないのでプラクティスパンツを買えば何かで併用出来ると思い、とある地元のサッカーショップへ!

うちの地元はかなりブラジル人も多い事で有名な地であり、逆にそんな文化が最近は大好きで誇りに思っています。

そのショップでの出来事。

プラクティスパンツを探しているとオーナーが『これ安いでしょ?これオススメですよ!』と私に声をかけて来て、まあ自分なりにデザインにもこだわりたいという思いもあるので返答しながらも他の物も物色。

するとオーナーが『今年は国に帰らないのですか?』と。

俺??

・・・・

国とは地方弁で地元を意味しているのか?

オーナー『住んでるのはこの辺ですか?』

俺『まあこの辺です。』

オーナー『富士重工で働いてますか?今、そっちの方は派遣切りとかで大変でしょう?』

俺『いや、違います。まあ派遣で切られる方は増えているでしょうね…』


完全にブラジル人と間違えられてます!

確かに日焼けして連休で不精髭とか生えてるけど、そんな間違いはされた事がない。

よく自分は韓国顔だと言われることは多々ある。

実際に某選手がバイトしていたパチンコ店で韓国人女性にずっと韓国語で話しかけられた事もある。

だけど、ブラジル人には初めて間違えられた。

しかもたまに顔を出していたショップなのに!

悪気はなかったのだろう。

だけど自分も純粋な日本人だというのを言うに言えない雰囲気になってしまった・・。

そして、空気が私自身耐えられなくなり、『マタキテミマス・・』ってすげぇ〜片言の日本語を最後に言ってしまった!!

もういいや・・・日焼けが収まって、ヒゲを剃ってまたお互いが忘れた頃に顔を出そう。。。

そんなとある休日でした。

keep in touch・・・

関東フットサルリーグ2部混戦模様・・・3

今季の関東二部は中位以降、例年稀に見る混戦模様なようで・・・

更に混戦の中でうちは得失点差が結構響いていてまあご存じの順位でして・・。

本当に勝ち点3で大きく順位が変動する中盤戦に突入して行きます!

<第5節までの順位>

1 UFC(勝点13、+9)
2 コロナFC/権田(勝点10、+8)
3 三榮不動産(勝点9、+5)
4 KASHIWA(勝点7、+8)
5 ミリオネア(勝点6、+4)
6 BFC KOWA(勝点5、-5)
7 NOVO(勝点4、-3)
8 tzk(勝点4、-3)
8 Snr EAGLES(勝点4、-3)
9 OHRA(勝点4、-7)
11 Fantars(勝点3、-4)
12 BANFF TOKYO(勝点0、-9)

という結果で本当に1試合1試合が大切になって来ます!

8月9日はOHRAは運営で試合が無く、私も終日試合を観て色々な勉強をさせてもらいました。

細かい話で言うと礼儀作法とかもチームによって様々で、小学生の頃、礼儀作法や相手や審判への敬意みたいな事を言い聞かせられましたが、あらためてそういう事ってすごく大事だな〜って思いました。

そういう事が出来て初めて人を感動させられる試合が出来るのであろうなって。

強ければ何でもいいっていうのは違うし、トップリーグに行けば行く程、そういう事がしっかり出来ている気がしました。

当日の中で一番のベストゲームはUFC対ミリオネアでした!

1対1で迎えた終盤、勝ち点3にこだわったUFCがパワープレーを開始!

が、ボールを奪われ失点してしまう。

尚もパワープレーを続けるUFC!なんと残り2秒での同点弾!

スコアは2対2で終わりましたが、私を含め、誰もが感動したでしょう!

そしてミリオネアの一部の選手が試合後流していた涙。

引き分けで勝ち点1を取ったものの悔しさがあったのでしょう。

共に客観的に観て本当に気持ちの伝わる熱い試合でした!

私たちも結果はもちろんの事、周りを感動させられるような試合を今後して行ければいいな〜って改めて思いました。

次節は今週末ウイングハット春日部にて!

是非とも引き続き応援の程、よろしくお願い致します!
dcb8a85c.jpg

August 05, 2009

8月2日の群馬ダービーの結果!

8月2日、関東リーグ第4節、前橋市民体育館の群馬ダービーは0対0のスコアレスドローでした。

スコアレスドローって今までOHRA史上初?関東二部でも初?かなって思います。

何が難しいかったかというと多分BFCさん的には引き分けでOKという感じっであったように思えました。

ですので、リスクのある仕掛けをして来ない、ディフェンスはしっかり守られて堅く集中していた。

完全にこの選手だけは潰しに行く!というのを徹底されていたように見えました。

目的がすごいはっきりしていて、ちょっとこっち陣営も仕掛けるに仕掛けられない、リスクを背負っても勝ちに行くか、引き分けで、勝ち点1を取りに行くか?という部分では非常に戦いにくい試合展開になってしまいました。

おわよくば、カウンターで点が取れれば勝ち点3も!という狙いも相手はあったでしょう。

こちらは思い切って仕掛けて来ないのでカウンターのチャンスもほぼなく、開始序盤はいくつか良い形もあったのですが、すぐに対応されて・・。

結果が出た時は正直自分的には勝ち点3が欲しかったので凹みましたが、今は結果オーライだと思ってます。

きっとこの勝ち点1が後に大きな勝ち点1になると信じて!

昨日の練習後のミーティングで勝ちに等しい勝ち点1か、負けに等しい勝ち点1か?
みたいな話を一部話に出ましたが、自分はそんなものはないと思っています。

結果が全てで引き分けに勝ちに等しいか、負けに等しいか?っていうのは気持ちの問題だけであって引き分けは引き分け。

それって自分の中だけにあるものだと思ってます。

後はこの結果を今後プラスに活かせていけるかどうかに真価が問われていると思います。

以前会社の上司がこんな問いかけをして来ました。

『ある日、歩いているとビルから植木鉢が落ちてきた。それが足に当たり入院する事になった。』

この結果をあなたはどう思うか?

大半の人間は
『なんでこんな事に巻き込まれたのだろうか・・・、ちょっと時間がずれていれば、こんな事には巻き込まれなかったのに・・。俺は悲惨だ。』
という意見が多かった。

ですがほんの一部の人間は
『頭に当たらなくて良かった!頭に当たっていたら死んでたかも!俺は幸運な人間だ!』
という意見も出たそうです。

上記の事は同じ出来事が起こっているにも関わらずまったく違う考え方ですよね?

どっちが今後この人の人生はプラスに働くか?それは分かりますよね?

同じ出来事をプラスに変えられるか、どうかは自分の気持ち次第。

引き分けに勝ちも負けも無いのが事実で、この結果を活かす事で初めてプラスに働くと思います!


今現在、勝ち点4が5チームを占めている中位の混戦。

ここから中盤戦が大事な時期だと思います!

Vamos! OHRA!

*沢山の応援にお越しくださった方々、ありがとうございました!
今後とも応援の程、よろしくお願い致します!


Total count
SELECTIVO de OHRA
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
訪問者数

楽天市場