TOP MEMBERS 活動記事 GOODS販売 フットサル全般 OHRA神話 くだらん系

September 2009

September 29, 2009

限りない未来5

「刺激が欲しけりゃバカニナレ」 

こんな歌詞がある歌の中で使われています。

これってどういう意味だと思います?
これって、個人的に紐解くと…

≫ 退屈だって毎日を過ごしてるわけは
≫ 頭で考えたつまらない既成概念で 
≫ 自分をしばっちゃってるからじゃないの?


ってことだと思うんです。
つまり、楽しいこととかワクワクすることで刺激を受けたいと思っているけれど、

≫ いやあれは、○○だから…
≫ あれは○○に違いないからやらない!

とか、「つまらない自分だけの決め付け」でそれをやらないわけ。

そんなのつまらねーじゃん。
本気で楽しみたかったら、日常生活でガチガチになっている感性を思いっきり開放して、バカになって、楽しんじゃえばいいじゃん!

そんなメッセージなのかな?って思います。

アントニオ猪木も、その著書で言っています。

「馬鹿になれ」  

楽しめていない人やワクワクを体感できない人って、結構自分なりの既成概念をきっちり持っていて、まじめな人が多いんです。

そしてね、いろんなことを先回りして考えちゃうから、面倒くさくなっちゃって、その刺激を受けるチャンスを失っちゃったりしてしまうわけ。

だからね、たまにはスコーンってバカになっちゃえ!
って提案したいんです。
 
そしたらいろんな刺激が受けられます。いろんな情報を吸収できます。

そしたら、結果的に自分にプラスになるでしょ?

慎重性は必要だけど、
 
≫ ○○になったらどうする?
 とか
≫ ○○しちゃったらどうしよう?

 
とか問題点を挙げててもキリがないんです。
だって、


やってみなければ分からないんだから。 
 


人間はね、つい過去の経験でモノゴトすべてを判断しがちです。
もちろん経験は尊いし、それを頼りにしていくのは、素晴らしいことだと思います。

でも、すべて経験はあくまで目安であって、答えではないんです。


予想をある程度方向付けるものであって、未来を決定する要素ではないんです。
 

人間はなぜ未来を知ることができないのでしょうか。


携帯電話やスペースシャトル、遺伝子解析までできる人間が、未来を知ることのできる機械を作れないのはなぜでしょう。


何かの本で読んだのですが、それは、


人間は本能的に未来を知ることを拒否しているから・・・



そう、それを知ることによって絶望してしまうかもしれないから。



でもね、ありきたりかもしれませんが、
自分が考える未来を知ることができない本当の理由は、
 
「これから作っていくものだから」 

だから知る必要がないんです。
いつかは必ず知ることになるのだから。
自分が描いたものがそこにあったと知ることになるのだから。
 
未来のレールなんてどこにもひかれていないんです。
自分でひいていくんです。

もし、あなたにありきたりのレールが見えているとしたら、あまりに既成概念に捉われてしまっているのかもしれません。


人生にはきっと、バカにならないと見えてこないレールがあります。
そして、バカになってこそ乗れるレールがあります。

可能性がある限り諦めない!

絶対に未来を変えて行く、いや、創っていくのも自分達の力だ。

だからこそ、悔いのない戦いを。

September 24, 2009

諦めの悪い男達!!

まず始めにブログが滞ってしまったのは敗戦のショックではありません!!

実は私ごとですが盲腸になってしまい1週間入院しており、本日退院致しました。

よって関東リーグの2戦はOHRAの試合に立ち会う事が出来ませんでした。。。

結果はご周知の通り、SnrEAGLESに1対5の敗戦、UFC JAZZYSPORTに3対4と敗戦が続いてしまいました。

そして順位は暫定12位、つまり最下位です・・・。

っていつもならすごいショックで、立ちあがれない位ですが、今はすごく前向きに捉えています。

もちろん結果ははっきり言って最低な結果です。

だけど、そんな心が折れそうな状況でも選手達はすごく前向きに頑張っているんです。

そんな想いに勇気と前向きな気持ちをもらいました!

選手も最後まで諦めていません!私もそんな選手に背中を押されて頑張る気持をもらいました。

選手は絶対にミラクルを起こす気持ちで一杯で戦っています。

そんな中で悲観的になっては失礼だと逆に選手に教えられた気がします。

後は周りの結果を気にせず、自分たちが自分たちの力で勝ち取って行くしかありません!

正直勝たなければ順位が変動することはありませんから。

良い意味で開き直れる位置です。

最下位に位置することは創設以来初めてでしょう。

選手がどんな気持ちか?

3試合絶対勝ちに行く!そんな気持ちでしょう。

ここからはある意味参入戦と同じで負けたら終わりのゲームです。

選手は前を向いて頑張っています。

周りの方々や応援して下さっている方々、温かく、いや熱く見守っていて下さい!!

必ず最後の最後まで熱く戦い抜きます!

強い意志をもって臨みますので、再度こちらも気合を入れて行きます。

これから更なる進化を!!

September 15, 2009

日々勉強5

今日はC.G.S.C BLITZさんと練習試合でした。

ここ何度も練習試合をさせてもらっていて学ぶべき事が沢山あり、良い勉強になります。

本当に個人的に良いチームだなぁって見ていて思います。

何が良いかって雰囲気ももちろんだし、選手層が結構年齢の幅が広いのかな?その中ですっごくまとまっているように感じます。

群馬県一部リーグで戦っているチームで、個人的に応援したいと思うと同時に大きな人員をまとめるトップの力もあるんだろうなと感心します。

僕らは今、関東リーグでは結果だけみるとすごい厳しい結果が続いているけど、この山を乗り越えた時に見えなかった何かが見える気がする。

プロではないので選手が練習はもちろん、試合にもなかなか来れなくて、集まれない事も多いけど、仕事は仕事なのでそこは優先してもしょうがない。

Fリーグだってプロではない。一部を除いては・・・

Fリーグも自分のイメージではサッカーでいうところのJFLといったところ。

JFLも選手は仕事をし、生計を立てている。

僕らも仕事をしているし、世間は近年稀に見る不景気。

営業をしてなんぼの会社に居るので世間の不景気がすっごく目に見えて分かる。

求人募集がどの会社も圧倒的に少ないし、倒産する会社も多い。

そんな中で仕事とフットサルを両立して本気で取り組んでいる選手を見ていると誇らしく思える。

僕らが活動している群馬県全体で見てもそうだし、特に東毛エリアは人工的にも環境的にも決して恵まれている地域ではない。

だけど、地盤をしっかりと築きあげていけばきっと道は作られて行くのだと思う。

今やっている事は困難なことだけど、この一歩一歩の積み重ねがしっかりとした地盤を作っていく。

一流のシェフは最高の料理をつくるために最良の食材を集めようとする。
しかし、超一流のシェフは今ある食材で最高の料理をつくってみせる。
(フランスの格言)

今週末の2戦、大切な2戦だけど、何かが縁で集まった選手たち。

自分たちの力で集まった選手たちでがむしゃらにやってみよう!

最後まで諦めなかった者に神は舞い降りる

円陣

keep in touch・・・

September 07, 2009

頑張ったな!

昨日は小瀬からの帰り道が大渋滞でした。

18時には出たのに、到着予想が24時過ぎ・・・。

結局下道を走り、途中でまた高速に乗り家に着いたのは結局24時ちょっと前でした。

疲れ果て、昨日の感想をブログに書き、就寝しました。

今朝目覚めると嫁さんが『昨日は勝ったの?』と。

??うちの嫁さんがフットサルの事を気にするとは・・・??

すると『昨日寝言で《頑張ったな!》って言ってたよ!』と。

確かに試合の夢を見た気がするけど正直内容は覚えていない。

でもみんな頑張ったよ!

結果が全てだけど、出来る事はやった!

夢にまで出てくるとはね・・・。

さて気持ちを切り替えて頑張ろう!!
satoshi_f at 17:22|この記事のURLComments(0)OHRA神話 

崖っぷち・・・

小瀬スポーツ公園にて勝ち点同率のNOVO MENTEとの1戦。

前半14番高岡がゴールし先制するも直後1点を返され、1対1で後半へ。

後半残り5分までゲームは動かず、こちらがパワープレーを仕掛けようとタイムアウトを要求した直後に1点を奪われ逆転される。

残り5分でパワープレーを始めるがフィニィッシュまでの良いカタチが作れず、逆にゴレイロがキャッチしたボールをそのまま決められ1対3と離される。

結果このままゴールを奪えずタイムアップ。

1対3で痛い敗戦となり、本当に崖っぷちに立たされました。

勝てば、7位に食い込む大切な1戦でしたが勝ち点を奪う事は出来ませんでした。

人数はFP7人という厳しい状況での戦いでしたが、それは事前に分かっていた事なので言い訳には出来ません。

必死につかみ取った関東二部への切符、一つの山場である3年目。

今季を乗り越えられるかどうかでチームの真価が問われます。

個人的には絶対に来季も関東二部で戦いたい!

運営や参戦費、遠征費、また時には家族を犠牲にしたり大変な事は沢山あるけれど、この舞台で今後も戦っていきたい。

一選手には以前話したけど、運営サイドと選手は平等ではないと思います。

選手はもし降格したら移籍するとかで再び関東の舞台で戦う事は出来る。

だけど運営側は選手の結果によって左右され、用意された舞台で戦わなくてはならない。

逆に言えば自分たちの運命は選手に託しているのです。

奇麗事を言えば選手に自分たちだけではつかめない夢を託しているのです。

移籍も出来れば自由に投げ出して辞めるって事も出来る。

でも同じ目標に向かって戦える仲間であり、同じ目標を持っているから共感して集まった仲間だと思います。

勝つ者がいれば負ける者もいる。それが勝負の世界で当り前の事で、現実なんだけど、どうせやるなら勝ちたいよね。

絶対自分は信念を持って戦い抜きたい!

プラスに考えれば残り5試合を全て勝てばいいんだ!

それ位強気でプラスに考えて選手を信じて次節に気持を切り替えたい!

やろう!やれる!出来る!

September 05, 2009

選手紹介#12手塚 伸也5

前回に引き続き選手紹介。今回は22歳、就職活動難中の手塚 伸也!(通称シンヤ)

彼がOHRAの門を叩いたのも彼が西邑楽高校を卒業する18歳の年。

6b954e6c.JPG

なんか今から見ると幼いですね・・・。

彼は根っからの邑楽町育ちで小学生では当時10年連続群馬代表で全日本少年サッカー大会にコマを進めていたFC邑楽出身!

生え抜きの邑楽育ちです。

彼が門を叩いたのは僕らが群馬県1部に上がった年。創部2年目。

控え目な性格でしたが、体は結構出来ていた思い出があります。

控え目な性格とは裏腹に特にディフェンスは安心して任せられる選手でした。

群馬1部時代は可能性は十分にありながらも、試合に出て活躍する機会は当時はまだまだ少なかったかな?

でもすごく可能性は秘めていましたね。

その頭角は関東二部に上がりメキメキと引き出て来ました!

現在ではパワープレイヤーとしても機能しています!

そして今ではチームの中核どころか、自分がチームを引っ張って行く強い意志を感じられます。

PPsinnya

控え目だった性格も今ではリーダーシップも強くなりましたね。

彼も今は数々のケガと付き合いながらプレーする日々ですが、秘めた才能と秘めた熱い気持ちを十分に発揮してくれています!

FIXOにいることが多い選手ですが、しっかりとバランスのとれる選手です!

sinya

昨年はU-23のオールスターにも選出されました。

まだ22歳という若さですから今後も更に伸びて行くことでしょう!

ケガとの付き合いは長いですが、きっと彼はもっと伸びます!

熱い想いを秘めたる男、背番号12番・手塚伸也を応援して下さい。

keep in touch・・・
satoshi_f at 00:45|この記事のURLComments(0)OHRA MEMBERS 

September 04, 2009

たまには気分を変えて・・・選手紹介#10岩尾 信明5

たまには気分を変えて何年ぶりかの選手紹介でもしてみようかと・・・

で、今回は今季から再びキャプテンを務める10番岩尾!!

通称ノブです。

のぶ

彼と出会ったのはもう5年も前になります。

早いものですね。

出会った頃はまだ高校を卒業したての頃で、彼が18歳の時。

その頃僕らは遊びでサッカーとも言えず、フットサルとも言えず・・。
なんとなくボールを蹴ってました。



西邑楽高校つながりで、サッカーつながりで・・・????

何のつながりで来たんだっけ?

まあそんなこんなで彼に出会い、結構当時から上手くて、遊びの大会に出たりして。

9634d33f.JPG

で、僕らが本気でフットサルをやってみようかって話になって協会に電話したらフットサルのリーグがあるって聞いて。

それで電話したらちょうど新規の募集をかけるところだって聞いて、当時マルバから群馬に帰って来た川島(通称マサ)が居て、やるからには本気でやってみよう!って話になって県リーグに参戦したのが、ちょうど今から5年前だった。

同じ年にはBFC-KOWAも参戦して。

で、いざ本気でリーグに参戦してやるぞ!ってなった時、ノブは本気になり過ぎて関東リーグにチャレンジしたいって言い出して、当時のGALO☆FC TOKYOのセレクションを受けるって言い出して。

当時は関東リーグは日本の最高峰リーグで、まさか受からないだろうって言ってたら、見事に受かりやがった・・・。

Bチームから頑張ってトップにまで上がった。

で、僕らは県リーグ2部で戦っていて、マサに率いられてなんとか準優勝で県リーグ1部へ。

そして、GALOは参入戦にまわり、決勝で残り1秒の悲劇で逆転され、降格。

その決勝の相手がSnrEAGLESだった。

そしてノブはGALOを続けるかOHRAに来るか迷って迷って戻って来ました。

そして県リーグ1部ではマサと知恵を出し合いながら最終節の最終試合までもつれこんだ関東二部への切符を勝ち点同率、得失点差同率、総得点で勝り、勝ち取った。

そこは彼の力は大きかったなぁ。

そして関東二部でもチーム得点にも大きく貢献し、2007年度は選抜大会で全国に行って鹿児島の昼はフットサル、夜は鹿児島を楽しみ、だけど、ケガで出れなかったり・・・。

当時の日本代表のサッポが来ていて、『活躍したい・・・』って彼はずっと言っていましたね。

群馬選抜

確か関東二部のみつわ台戦で膝をやっちゃって、プレー出来る状態ではなかったんだよね。

まあ書き始めれば色々あるんだけど、就職して少しは大人の考えも持てるようになったかな?

基本的には馬鹿だけど。馬鹿は天才と紙一重だ!ってどこかの試合の帰りに彼は言ってましたが、多分紙一重ではないレベルだと思います。

今はケガをまたしていて存分なプレーは出来ないけど、中心的存在には変わりないかな?



頭は足りないけど、いい奴なんで応援してやって下さい!

大洋薬品BANFF戦のオーバーヘッドでの逆転弾は見事なまぐれでした!

後は自分の得点ランキングにこだわり過ぎず、周りをもっと信じて活かしてくださいね♪

最近就職も無事決まったので、仕事と両立を頑張って下さい!

keep in touch・・・
satoshi_f at 00:27|この記事のURLComments(1)OHRA MEMBERS 

September 01, 2009

調子に乗りたい・・・5

8月30日、真岡の体育館にて三栄不動産さんと練習試合をさせて頂きました。

三栄さんとは今季はもう既に対戦が終わっているので変な雰囲気もなく、お互い調整の為に良い試合が出来たのではないか?と勝手に思っています。

うちはいくつか試す事もあり、パワープレーもやらせてもらったり、本当に良い調整が出来ました。

今回は内容も良い場面がいくつかあったのでここで調子に乗りたいものです。

個人的に『自信と謙虚』は大切だと思っています。

練習試合で良いプレーが出来ても実際は全く別のもの。

あくまでも結果は参考にしかならない。

調子に乗って今週末に良い結果が出せるようにしたいものです。

是非、皆様の応援で更に波に乗らせてください!

keep in touch・・・
Total count
SELECTIVO de OHRA
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
訪問者数

楽天市場