TOP MEMBERS 活動記事 GOODS販売 フットサル全般 OHRA神話 くだらん系

October 2009

October 31, 2009

関東残留へ向けて・・・

今日は関東リーグでした。

とは言ってもOHRAは設営の為試合は無し。

今日の結果は以下の通り。

◆関東フットサルリーグ2部第12節

開催日:10月31日(土)
会場:足利市民体育館

Fantars 2-8 NOVO
三榮不動産 2-3 BFC KOWA
tzk 6-1 Snr EAGLES
コロナFC/権田 5-3 KASHIWA
UFC 0-3 BANFF TOKYO

この結果により、コロナFC/権田は最終節を待たずに優勝が決定!

1部への自動昇格、1年での見事な帰り咲きです。

おめでとうございます。


1日観ていて思ったこと。

関東リーグってすごく運営や資金面では大変なリーグだけど、また来年もこのリーグで戦いたい!

参入戦行きが決まっているけど、簡単に考えれば2試合勝てば来年もまた関東二部で戦えるんだ。

すごく難しい戦い方になるだろうけど、参入戦って今の関東二部のチームがほとんど経験していることなんだって改めて思いました。

OHRAは2部スタート時に県リーグ優勝と共に自動昇格したけど、その前とかにも経験しているチームが多いなか、うちはその経験がないんです。

よくよく考えたら自分が知っているのは多分うちとFantars以外は全てのチームが参入戦の経験があるんだなって。(KASHIWAはRAYOでカウントすると。)

それ以外は2年目、3年目で上がって来たチームはもちろん、過去に参入戦の経験があると思う。

参入戦はOHRAがステップアップすべき経験なんだな、とプラスに考えたい。

どんな結果が待っていようと『あの時の経験があったから』と振り返れる時が来ると思う。

その時はしっかりと関東の舞台に立っていたい。

色々な理由があって辞めていったメンバーもいるけど1つのクラブとして考えればそれは当り前の事で、歴史が長くなればなるほど引退だってする選手もいるんだ。

もう割り切れている。

参入戦で勝つ気持ちだけは切らせない。

きっと僕らは強くなれる。

October 30, 2009

選手権へ向けて

最近練習試合はあまり出来ていなかったのですが、先週末はSOLAさん三栄さんとOHRAの3チームで練習試合を行いました。

人数は少なかったのですが、良い調整をさせて頂きました。

お誘い頂きありがとうございました!

またお願いします。


そして木曜日はBLITZさんとNESPOにて練習試合。

恐らく選手権では決勝トーナメントまで上がってくると思います。

そうすると決勝トーナメントで当たる可能性も十分ありえます。

メンバーも多くいるチームで正直うらやましい部分もあり、個人的にはすごく良いチームだと思います。

選手が多く集まってくるチームって何かしらの魅力があるから集まる訳で、そういう部分は見習わないといけないと個人的には思っています。

BLITZさんもまた是非是非練習試合の方よろしくお願い致します。

選手権は参入戦に向けて絶好の機会になります。

そして3連覇に向けても迎え撃つ位の気持ちでいなきゃいけないと思います。

しかし、今回はあくまでもチャレンジャーとして選手権に臨みたいと個人的には考えています。

あくまでも一発ノックダウンのトーナメントなので1試合1試合に全力で戦っていくのみです。

3連覇は決して容易なことではなく、気持ち的にも難しい戦いになるのは覚悟しています。

それは参入戦も同じことである意味の勢いは絶対大切だと思います。

精一杯戦うことで観る人も熱くなれるような戦いをしたいと思います。

そこに向けて日々努力あるのみ。

今こそ試練の時かもしれませんね!

October 13, 2009

参入戦行き決定・・・

前節、首位を走るコロナFC権田との対戦は3対4と一歩及ばず敗戦、この結果を受けて参入戦行きが決定しました。

関東参入から3年目、ずっと厳しい位置で戦い続けて来ましたがついに参入戦行きが決まってしまいました。

正直悔しいですね。

たらればですが、あの時こうしておけば良かった、ああしておけば良かったと思う部分は多々あります。

それは開幕前の事も踏まえて色々考えてしまいます。

しかし、選手には伝えましたが、同じ事実の中でものは考えようです。

例えば今、県リーグを優勝して参入戦の切符を手にして更にシードで準決勝から闘える!って事と起こっている事実は一緒なんです。

普通は参入戦に行ってシードだったらチャンスって思いますよね?

今起きている現実はシードから参入戦を戦うという事実なんです。

プラスに捉えるとそういう事なんです。

そして、毎年必ず参入戦に回るチームはあるんです。

今までなんとか残留出来て他人事になっていましたが、まさに今うちがその位置になってしまったという事実だけなんです。

しかし、参入戦で勝ち抜き残留するというのは決して簡単な事ではありません。

一度捨てるべきプライドは捨てる事も勇気でしょう。

残すべき経験や自信は残すべきでしょう。

リセットして考え、気持ちの切り替えが必要です。

現時点で参入戦行きが決まっている事はその分沢山の調整が出来ます。

決戦は2月20、21の2日間、千葉県ポートアリーナ!

まだチャンスはあります!

長いシーズンをプラスに考え再起したいと思います。

昨年参入戦を勝ち抜き残留を決めたミリオネアを見習い、県リーグ優勝し、参入戦で最後の切符を手に入れたBFCを見習い存分に戦って来たいと思います。

最後の最後まで信じてやりきりたいと思います!

October 08, 2009

戦いは続く!5

10月4日のTZK戦、結果から言うと2対6で負けました。

1対3になったところまでは良かったのですが、残念です。

まあ一つ言えるのは勝つ!なんとかなる!では足りないって事でしょうね。

選手に必要なのは『自信』です。

負け続けていると自分達がやっている事が良いのか、悪いのか、見失ってしまいそうになるんです。

そうすると、やり方が悪い、戦術が悪い、って1からやり直そうとしてしまうんです。

私が見る限り本当にちょっとした差だと思います。

ちょっと受け渡しが悪い、ちょっとプレッシャーが弱い、ちょっとのプレッシャーでパスがずれる。

本当にちょっとした差なんだと思っています。

ここで更に悪くなるのはやり方が悪い、と全てを一新しようとすること。

今のやり方に磨きをかけるのは良いと思います。

が、がらりと変えるのは負け癖から来るもの。

大切なのは『自信』です。

ちょっとした事でも人は変われます。

同じ事が起きている現象に気持ちの持ち方で人の気持ちは変わります。

私が入院していて退院した時に練習の紅白戦でみんなを見た時、素直に上手いじゃん!って思えました。

練習生がいてサッカーではそれなりにやって来たのでしょうが、やはりフットサルは別。

紅白戦を見ていてみんなの成長が伺えました。

でもちょっとした悪い部分ばかりが目にいってしまう人もいるでしょう。

確かにちょっとした事を修正しなければちょっとの差でやられます。

だけど、今のみんなに必要なのは何度も言いますが『自信』です。

そして絶対負けない『気持ち』です。

今度の権田戦は周囲は誰もOHRAが勝つとは思っていないでしょう。

負け無しで首位を走る権田、現在最下位のOHRA。

誰も勝てないと思って期待されていないなら失う物は何もありません!

しかも最下位で誰もが言わないけど降格候補筆頭だと思っているでしょう。

でしたら尚更失うものはありません!

無敗の権田を食った唯一のチーム。

いいんじゃないですか、悪あがきも。

悪あがきも勝てば勲章です。

自分は可能性を信じます!

Total count
SELECTIVO de OHRA
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
訪問者数

楽天市場