TOP MEMBERS 活動記事 GOODS販売 フットサル全般 OHRA神話 くだらん系

December 2010

December 31, 2010

今年も1年お世話になりました。5

仕事の方の取引先との忘年会を約10回ほどこなし、更新が滞ってしまいました。


さて今年を振り返りまずは参入戦決勝でバルドラール浦安セグンドに敗れたところから今年はスタートし、県リーグに舞台を移しました。

降格した時ってチームの組織力が問われると個人的には思っています。

まだまだ上の舞台でプレーしたい選手、更に上を目指したい選手、燃え尽き症候群的に辞める選手、遊びと割り切って他のチームでプレーする選手というのが大半のパターンですが、今年降格しましたが実質そのような理由で移籍、引退する選手はほぼおらず、県リーグを迎える事が出来ました。

本当に感謝感謝です。

関東での3年間は今思えば厳しい事も多かったですがとても良い環境で試合をさせて頂いておりました。

県リーグに戻った今もやはりリーグを運営頂いている方々、審判の方々には感謝の気持ちを持ち続けています。

県リーグというリーグがあること自体が当たり前のようで当たり前ではない。

はっきり言って運営する事でその人には何もメリットもないのだから。


だからプレー出来る環境には感謝しないといけないと思います。

今季はSELECTIVO de OHRAはリーグは8勝2分、選手権は準優勝という形で2010年を終えます。

残りのリーグは年明けに2試合で終了します。

是非今後ともご声援の程宜しくお願い致します。


今年は関東女子BORBOLETAの方にも帯同させて頂き、こちらは6位で幕を閉じました。

お陰様で関東時代にお世話になっていた方々にも引き続きお会い出来る場を頂きました。


是非選手にはこの年末年始もコンディションを落とさないように調整して自己管理を徹底してもらい年明けに繋げて頂きたいと思います。


皆様には良いお年を!

ではまた!

December 13, 2010

関東女子BORBOLETA(府中)~県リーグFanatico戦(前橋市民)へ!5

まずは関東女子フットサルリーグBORBOLETAに帯同する為、朝5時に起きてKITAZUMI Futebol家から府中体育館へ。

1試合目はMalvaとの対戦で先制されるも最終的には4対1で勝利。

2試合目はceu paletaとの対戦で1点先制され1点を返し、同点に持っていくものの後半終盤に1点奪われ1対2で敗戦。

2試合目は敗戦しましたが、本当に素晴らしい戦いでした。

観客の歓声も上がる場面もあり、急造ゴレイロのハルちゃんも神がかっていました。


そして2試合目が終わったのは16時半。

最終節でミーティングもあっただろうけど監督を拉致して前橋市民体育館へ。

キックオフが19時15分で間に合うかどうかドキドキしながら爆走し、前橋市民には18時15分位には到着致しました。

そしていよいよ県リーグも残り3試合となったFanatico前橋との戦い。
07







前半序盤に17番入江の左足でのシュートで先制!

彼は実はここのところのハードスケジュールで膝の半月板損傷をしており、出場も危ぶまれた状態でしたが、随所に見せるプレー、ディフェンスを誘うフリーランニングは本当に効果的だったと思います。

このまま勢いに乗りたいところでしたが、バイタルエリアでのクリアーか繋ぐかの判断ミスから奪われ失点し、同点に。

前半終盤にも同じような場面を作ってしまい失点し、1対2へ。

前プレからの判断ミスは本当に失点に繋がる為、的確な判断が必要とされると思いますが繰り返してしまいました。

なんとか追いついて後半に巻き返したいところで終了間際、17番トオルのパスを受けた10番ノブが角度の無いところから逆コーナーへ決め同点へ!


このまま2対2で前半を折り返す。


後半はバイタルエリアでは安全にクリアーし、攻撃をシャットアウト出来つつありましたが、こちらの流れを作りたいところ。

なかなかお互い得点を奪えない時間が続きましたが、4番KITAZUMIからのパスを10番ノブが胸トラップからボレーを打ちゴール!

3対2と勝ち越しに成功しました!

その後お互い攻防戦が続きましたが、耐えしのぎこのまま逃げ切るかどうかという残り10数秒、中盤からプレスをかけてボールを奪い、10番ノブがそのまま中盤からシュートを放ったところブレたのか、相手に少し接触したのかはっきり分かりませんでしたがゴレイロのキャッチングがズレてゴール!

これで4対2となりこのままタイムアップ!

前節の悪い流れを切り替える難しい戦いだったけど見事結果で応えてくれました。

この日は本当に数分でも出場して戦ってくれた選手。試合に出れずとも声を張り上げてくれた選手。そして怪我人のケアに専念してくれたトレーナーの雄也と増尾さん。

本当にみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。


これでOHRAの県リーグは残り2試合、CLOUDとの2試合を残すのみとなりました。


一旦OHRAの県リーグは年内の予定は終了しました。


ここのところの選手権と県リーグで故障者が続出しているのも現状です。

まずは故障者はケア、リハビリをしっかりと行ってもらい、みんなで年明けまで中だるみしないようしっかりと集中していきたいと思います。


ここまでの成績は8勝2分。

この日の結果で群馬県一部リーグ優勝はOHRAとCLOUDに実質絞られました。

まだまだ負けられない試合が続きます。


しっかりと調整し、最後まで戦い抜きたいと思います。

ご声援の程よろしくお願い致します。


December 07, 2010

ソウル オブ フットを読みました。5

先日発行されたフットサル小説、『ソウル オブ フット』を読みました。

2462













率直な感想は面白い!

最初はどうせ安っぽいサッカーの延長での話だろうな、と思っていましたが良い意味で期待を裏切りちゃんとしたフットサル小説になっていました。

実際にマグ(現シュライカー大阪)やデウソン神戸なども実名であがっており、パラレラ、ケブラなどフットサルならではの用語もしっかりと使われておりました。

全日本選手権で全国大会に進んだチームが県2部からFリーグを目指すという話。

読んでいるうちにシャークスやゼブラのこと?みたいなチームを想像させるような話が出ていましたが、なんとなく主人公が率いるチームがIKAIっぽいな、と思ったのは自分だけでしょうか?

その他、監督の苦悩や選手兼監督の苦悩、スポンサーとの苦悩、練習場所の苦悩など自分もその気持ち解るなぁと引き込まれていきました。

決して迷走して呼んだ訳ではありませんので。(笑)

最後の結末はまだ途中みたいな感じで終わってしまいましたが、第二弾があるかもと思える内容で終わりました。

せっかくですので選手にもチーム運営されている方々にも読んで頂きたい本ですね。

決して上手くなる為の本ではありませんがチーム運営する難しさや監督としての難しさみたいなものは参考になると思います。

アマゾンで購入しようと思いましたがブックマンズアカデミーでは店頭にありました。


参考までに。

December 06, 2010

県リーグ2順目、MAXとの試合は2対2の引き分け2

渋川総合運動公園体育館にて昨日の2試合の連戦に続き、今日は県リーグMAX戦。

029







相手は先日TAMACREATEとも引き分けたMAXとの一戦。

前半序盤にゴールを決めた3番タケシ。

続いて10番岩尾のゴールで2対0で前半を折り返しました。


このまま流れに乗りたいところでしたがFP6人と前日の疲労から運動量の低下と判断ミスが続き流れがつかめない時間が続き、カウンターから失点。


更に悪い流れは続き、ハイボールでの交錯をそのまま頭で合わされ失点し、2対2へ。

こちらもチャンスを作りもう一歩の場面も多々ありましたが、逆にカウンターからOHRAゴレイロとの1対1の場面も2度ほどあり、いつ失点してもおかしくない試合になってしまいました。

更に残り10数秒のところで第二PKも与えてしまう。

ここはポストにはじかれ、このまま2対2でタイムアップ。

本当に厳しい試合でした。


試合終了後には自分から感情的な発言をしてしまいみんなには迷惑をかけてしまいました。

本当に悔しかったのは選手だったはずなのに、いつしか選手のコンディションや出席状況を考えずに勝手に気持ちを押しつけてしまいました。

みんな申し訳ない。

自分が迷走してはいけないのに迷走してしまった。


こういう時こそ気持ちを切らさず走り続けなければいけない状況だったのに迷わせるような発言をしてしまった。


今日は自分に悔いが残る試合後って感じでした。

プレイングマネージャーに難しさがあるようにスタッフ陣が選手の気持ちや状況、コンディションを考えてあげなければいけなかったのに。

自分達、選手達を信じるしかありません。

もう一度自分達のやり方を磨き抜き今季戦い抜きたいと思います。

今日の試合でFanatico前橋がTAMACREATEに3対5で敗れた為、群馬県リーグはかなりの混戦になりました。


1試合1試合の大切さ、1得点の大切さを改めて痛感しました。

また気持ちを切り替え次節に臨みたいと思います。
satoshi_f at 00:25|この記事のURLComments(1)

December 05, 2010

全日本フットサル選手権群馬県大会は準優勝で幕を閉じました

12月4日(土)渋川総合公園体育館にてベスト4が集った決勝トーナメント準決勝。

初戦の相手は先日も県リーグで戦ったばかりのTAMACREATEさんとの対戦。

選手権準決勝でTAMACREATEさんと対戦するのは3年連続・・・。

なんだかくじ運ですが何かの縁かと。
003






先日の県リーグはなんだかしこりが残る3対2という結果でしたが、この日は前半で2点奪い、後半は更に4得点、1失点とトータル6対1で勝利しました。
022






先日の戦いから比べると気持ちも入っていて戦い抜く事が出来ました。


準決勝第二試合はトーナメント1回戦でBFC-KOWAを破り勝ち進んで来たFanatico前橋と昨年県リーグを制したCLOUDとの対戦でした。

今季県リーグでの両者の対戦は5対4でFanatico前橋が制しており、接戦が予想されましたが戦いはCLOUDの攻撃が非常に上手くはまり終わってみれば13対5という結果でCLOUDが決勝の相手に決まりました。


今季のCLOUDとの対戦はゴレイロの負傷により途中中断、延期になり今季OHRAとの対戦はまだありません。

OHRAの決勝進出はこれで5年連続(うち優勝2回)という流れできており3度目の優勝がかかった決勝戦。

本当に気持ちも入っておりました。

112







お互いチャンスをものに出来ず0対0で試合は流れておりましたが、先制点を許してしまいました。

そのまま前半は0対1で折り返しましたが、焦るわけではなくチャンスを決めて行こうと前向きになっている選手達を観て頼もしく思えました。

お互いに流れが来ておりどちらが後半得点を奪うか?これは本当に展開が変わる大きな得点だったと思います。

その得点を奪ったのはCLOUD。

ゴレイロからのスローがOHRAゴレイロとFIXOの間への微妙な位置へ渡るスローであり、交錯するなかゴールを奪われました。

これで0対2へ。

流れは再びOHRAにも来ているようにも思えました。

シュートまでのチャンスはありました。

が相手ディフェンス、ゴレイロに遮られ得点を奪えず。

好セーブを続ける相手ゴレイロは皮肉にも昨年まで3年間共に過ごしたマコト。

そして相手のチャンスメイクを演出していたのは同じく2年共に過ごしたカツ。

負けたくない気持ちはもちろんありましたが、こうして対戦相手として戦う事をうちの選手達も悪い意味ではなく楽しんでいるように思えました。

残り5分を切ったあたりで相手が5ファウル。

残り4分位のところで第二PKを得て10番岩尾と相手ゴレイロのマコトとの勝負。
145






ここは岩尾が決め1対2と1点差へ迫り、更に第二PKを得る。

キッカーは同じく岩尾。

しかし、ここは右へ外す。

残り時間1分を切り再び第ニPKのチャンスを得て同じく岩尾が蹴りゴレイロセーブと思われた万事休すかと思われたがゴレイロが5mを出たとして蹴りなおし。

しかし、蹴りなおしのシュートもゴレイロの誠に阻まれ万事休す。

残り数十秒間では得点を奪えず、1対2で敗戦となり、第16回全日本フットサル選手権群馬県大会はSELECTIVO de OHRAは準優勝で一つの戦いの幕を閉じました。
152







今日の試合展開では本当にみんなの出せる力を出し切り戦い抜き、悔いはありません。

結果だけみれば悔しい試合でした。

試合内容には悔いはありませんが準優勝という結果には悔いが残ります。


ですがなぜだか今回は自分は涙が出ませんでした。

それは戦いには悔いが無かったからとも思えますが今でも現実を受け止められない自分がいるからかもしれません。

なんだかまた決勝があるような気がしています。


しかし、こうやってブログを書いているうちに負けたんだなって改めて思って来ました。


県リーグもまた明日控えており、気持ちを切り替えなければいけません。


今回の選手権は自分には特別な大会でした。

自分のOHRA創設からみんなと走り周って来た7年間。

マイナスな話ではなく自分の1年後がどう在りたいのか見えません。


仕事、家庭、フットサルと全てにおいて100%の気持ちで臨みたい自分とこれから迎える環境の変化に自分がどうすればいいのか分からなくなっている自分がいます。

はっきりいって全てが自分の中では大切な物なのです。

よく家族を大切にしているように見えませんよ!とか好き好んで家族を犠牲にしているように思えますよ!言われてしまいますがはっきり言って自分から言わせてもらえば全くの逆です。

本当に後ろ髪をひかれる想いと旦那として父親として沢山してあげたいこともある中でみんなを支え少しでも力になりたい想いで帯同しており、申し訳ないがそういう意味では家族との時間を犠牲にしてしまっています。

自分の中で、大きな人生という中で何事も中途半端が自分の中で一番嫌なのです。

だから今季スタート時に出来る事は全てやろうと思って臨んで来ました。

限られた中で何か伝えられる事はあるのでは?みんなの悩みを少しでも解決出来ないか?少しでも良い環境にしてあげられないか?

『自走出来る組織へ』

チームのみんなには自分がどう関わって来たのかを好き好んでいつも来ているなぁって思われている程度かもしれません。

だけど残念ながら犠牲になっている家族との時間はある意味フットサルは良い父親としては敵になってしまう事もあります。

子供たちにプレーを見せる訳でもなく、もちろんプロでもなく選手でもなく『それなのになぜ?』と子供達も物心をついてもおかしくない歳になろうとしています。

フットサルに行くときに『もっとパパと遊びたかった』と言われる事ほど辛いものはありません。


しかし、奥さんは今の状態を快諾してくれており、自分の想いも理解してくれています。

本当に自分がやりたいと思った事を応援とまではいきませんが理解してくれています。



環境が変わる来年の事もこうして欲しいんだけど・・・とかも別に何も言われてないけどこれは自分自身が決めなくてはいけない事かもしれません。


人々に与えられた唯一平等なものは時間である。という言葉を聞いた事があり、その時間をどう使うかで人間には差が出るのだろうと思っています。

そして時間は無限ではなく有限である。



来年6月に3児の父になります。

その頃は5歳、4歳、0歳の父親です。みんなには伝えていませんでしたが。


今季叶えたかった一つの想いである全日本選手権群馬県大会優勝は叶いませんでした。

しかし、まだ今季叶えたいものがあります。



これからの自分がどう在りたいのかはもう一度整理していきます。

今言える事は全てにおいて今後も100%尽力を尽くしていきたいという事位ですね。

自分にとって1番辛いのはせっかく出会った沢山の人達や様々な環境との別れってことだけは自分でも分かってますから。

とりあえず今は気持ちを切り替えて日々精進していくだけです!


日々感謝


Vamos!
satoshi_f at 00:24|この記事のURLComments(0)

December 03, 2010

いよいよ明日は第16回全日本フットサル選手権群馬県大会ファイナル!

明日12月4日(土)第16回PUMA CUP全日本フットサル選手権群馬県大会が行われベスト4から1チームへ絞られます!

準決勝第1試合:11時〜 SELECTIVO de OHRA vs TAMACREATE FC FUJIOKA

準決勝第2試合:12時40分〜 CLOUD vs Fanatico前橋

各勝者による決勝は14時40分より!

頑張ります!
satoshi_f at 19:09|この記事のURLComments(0)
Total count
SELECTIVO de OHRA
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
訪問者数

楽天市場