TOP MEMBERS 活動記事 GOODS販売 フットサル全般 OHRA神話 くだらん系

OHRA神話

October 23, 2011

究極のジンガ誕生!5

究極のジンガ誕生!

ジンガとは?

ブラジルのサッカー、フットサルの限られたスター選手だけが持つ生まれ持って兼ね備えた独特の才能。独特のドリブルのリズム、独特のフェイク、など意味は色々あるらしい。

これはブラジル人に聞いてもずばりこういう事だ、とは答えられない事が多いのだがジンガを持っている選手は神に与えられた才能のような持っている事だというブラジル人もいる。

それを持っている日本人が誕生した。


それは私の第三子、長男の仁雅(ジンガ)です!(笑)
*今回はプライベートネタのエントリーです。すいません。

実は男の子が欲しくてお腹に宿る前からブラジル人の色々な人にジンガってどういう意味?男の子が出来たらジンガって名前にしようと思うんだけどってずっと相談してました。

第一子、第二子は女の子だったので自分の趣味の一つでもある音楽にまつわる名前をつけました。

そして名前が先行し長男はジンガと決めておりました。


漢字は最初は神(与えられた才能)、雅(気品のある)の意味で『神雅』にしようと思いましたがやり過ぎかなと思いまして仁(思いやりのある)雅(気品のある)の漢字と意味を名づけ、『仁雅』にしました。
ミドルネームはうちの6番シマが【マテウス】と名付けてくれました。
*正式名称には含まれません。



自分の夢を我が子に押しつけるのはよくないけれど自分の夢を息子に託したいって思ってました。

第三子がお腹に宿った時から女の子か男の子かドキドキでした。

だから嫁さんから検診の結果、男の子だったって聞いた時には嬉しい反面、生まれてくるまで本当に男の子か疑って・・・。

単身赴任先の水戸から産まれそうって電話が夜中の1時に電話が入り、その時からサッカーボールを持って北関東道水戸南ICから太田桐生ICを爆走。

なんとか出産には立ち会えて分別室にはサッカーボールを片手に持ち、片手に嫁を支える自分と共に朝方6時半位に仁雅が誕生しました。

ブラジルでは男の子が産まれて一番最初のプレゼントはサッカーボールなんですって。

だから予定日の約1ヵ月前には既にサッカーボールを車のトランクに入れておいて待ってました。嫁には内緒で。

その時の画像がこれです!(2011年7月5日、ジンガ誕生の日)
42







出産後もサッカーボールとの写真ばっかり撮ってました。

3290グラムの大きな男の子。


それから3ヶ月ちょっとが過ぎPaz Futebolさんにロンパースを特注で作成頂きました。(2011年10月23日)
153














なんとOHRAのユニフォームと全く同デザインのロンパースです!

ちなみに10番は岩尾選手のサポーターだからではありません!
初代SELECTIVO de OHRAの10番は私であり、将来のSELECTIVO de OHRAの10番を託された選手がジンガなのです。
204














背中にも10番!そして仁雅のポルトガル語でのジンガはGINGAという書き方になります。
スポンサーデザインまで忠実に再現して頂きました!


そして更に公式プラシャツまでリアルに再現して頂きました!
174














これも凄い!公式プラシャツと全く同デザインです!

背中も!

203














忠実に再現しつつgingaを背負いました!

本当に嬉しいプレゼントです!Paz Futebolさん本当に感激しました!ありがとうございました!

本邦初公開で息子をアップしましたがロンパースの完成度が高すぎてアップしちゃいました。

結構ブログ見てますって声を掛けられるのが多くなって来たのでプライベートネタは控えていたのですが。



しかし本当に小さい頃の俺にそっくりです。そしていつもすげぇ〜ニコニコ笑顔を振る舞ってます。←これも俺に似たのか・・・。

サッカー、フットサルに見向きもしなかったらどうしよう・・・。

まあその時はその時です。我が家ではスポーツはサッカーかフットサルしか見せません!

俺のように小学生でメスを入れるような大怪我をしなければいいや!



でもいつか共演は無理だけど親子で同じフィールドの空間にいるのが今の自分の夢です。

しかも本当にSELECTIVO de OHRAの10番として息子がピッチに立ち、自分がベンチに居る、そんな空間を実現したいと思います。

その時はひいきとかではなく実力で10番を勝ち取ってもらわないと。

俺もその時までにもっと自分を磨きます。

そういった夢を繋いでいけるようなチームに育てていきたいと思います。

しっかりと夢が受け継がれて永続的に続くSELECTIVO de OHRAをみんなで創っていきたいと思います。

うちの現在10番のノブも子を宿ったと報告がありました。

計算上学年は一つずれるし、男の子か女の子か分かりませんがピッチ内での夢の共演はここでも実現出来るかもしれません!

そのためにも俺は三児の父として仕事はもちろん、フットサルもまだまだ頑張らないとね!


岩尾兄弟(弟湘南ベルマーレJ2)、石村兄弟(弟FUGA TOKYO)が同じピッチに立つ事も夢だけどこれから先親子共演も大きな夢だね。



OHRAも今季は気づけば登録選手が18名!

今の選手、スタッフも僕にとっては家族のようなものです。

しっかりと家族を育てていきたいと思います!
satoshi_f at 23:11|この記事のURLComments(0)

September 07, 2009

頑張ったな!

昨日は小瀬からの帰り道が大渋滞でした。

18時には出たのに、到着予想が24時過ぎ・・・。

結局下道を走り、途中でまた高速に乗り家に着いたのは結局24時ちょっと前でした。

疲れ果て、昨日の感想をブログに書き、就寝しました。

今朝目覚めると嫁さんが『昨日は勝ったの?』と。

??うちの嫁さんがフットサルの事を気にするとは・・・??

すると『昨日寝言で《頑張ったな!》って言ってたよ!』と。

確かに試合の夢を見た気がするけど正直内容は覚えていない。

でもみんな頑張ったよ!

結果が全てだけど、出来る事はやった!

夢にまで出てくるとはね・・・。

さて気持ちを切り替えて頑張ろう!!
satoshi_f at 17:22|この記事のURLComments(0)

July 06, 2007

私自身の半生を振り返り・・・。1

今日は私個人の勝手なサッカー半生を振り返ります。

独り言だと思って受け流して下さい。

私がサッカーを始めたのは小学校2年の初め。

キャプテン翼に憧れサッカーを始めた当時はよくいた少年だった。

ポジションはFW・MF・DFと転々とした。

決して上手い選手とは言えなかった。

むしろ下手で根性だけでやっていた感じだった。

今は身長が175cmあるが当時は前から2番目位で小さい方だった。

根性は本当にあったと思う。

マラソン大会は根性で走り1位、2位、3位すべて取った事がある。小柄ながら。

サッカーは下手なりにがんばっていた。

小さかったので良く怪我もした。

でも最後はDFのプレイヤーで負けたくない気持ちが強くがんばっていた。

そう、がんばることしか取柄がなかったと思う。

そのがんばりが小学校6年の最後の大会中に悲劇を生んだ。

大腿骨骨頭滑症。

聞いた事のない病気だった。

小柄なカラダに対し成長期の過度な運動に絶えられなくなった病気だった。

骨がカラダを支えきれなくなり軟骨がずれて行く症状。

医者は初期時は筋肉痛と言い、練習はしても良いと言う判断だった。

しかし、それは誤診だった。

大会中にボールが急に蹴れなくなった。軸足が支えられず。

色々な病院を周ったが治すことは出来ず、栃木県の自治医科大学病院にて大腿骨にボルトを2本入れる手術をした。

この時に生まれて初めて母親が泣いた姿を見た。『途中で止めさせてれば・・・。』

3ヶ月車椅子、入院。実家から約1時間半かかる病院だったが母親は毎日お見舞いに来た。

半年間松葉杖という時を過ごした。

医者に言われた。『もう元に戻る事は不可能。本気の運動は出来ない。』と。

当時はサッカー好きでよく試合を見に来ていた親はそこから俺をサッカーから遠ざけた。

もう出来ないんだから見るとまたしたくなるだろうと言う理由で。

中学でもサッカー部に入ることを俺自身は望んだが親は遠ざけた。

そして違う部活に入った。

でも医者が言うように中学3年間運動をすることは出来なかった。

中学3年の夏に二度目の手術。

体育の成績は2。当たり前だろ。

高校に入り少し運動することを許されたがサッカー部に入ることは無かった。

俺は脚が細い。みんなに言われる。

それは当たり前。カラダが成長する時期に運動のうの字もしてないのだから。

大学ではサッカーのサークルに入るも半年足らずで辞めた。

俺なりのコンプレックス。

社会人になってサッカーチームを遊び半分で作った。

それが今のSELECTIVO de OHRAに至る。

OHRAの選手は俺が見れなかった夢を沢山見せてくれている。

OHRAが好きな理由は俺が叶えられなかった事を沢山叶えてくれるからかもしれない。

これからも夢を見せて欲しい。

許されるなら。

プレーは出来なくても自分自身沢山勉強して皆に着いて行きたい。

ちょっとシリアスになったが本当の話。

知らなかったメンバーも沢山いると思う。

ただ自分のサッカー半生としてここに記しておきたかっただけ。

チームとは関係ないけど今日はこんな気分だった。

うちの子は娘で夢は託せなかったけど皆が友であり家族みたいなもんだからがんばってこれからも夢をみさせて下さい。

もし自分が離れても永遠にSELECTIVO de OHRAが受け継がれて欲しい。

これからもずっと先もKeep in touch・・・・
satoshi_f at 01:43|この記事のURLComments(6)

August 31, 2006

NO19三人目無事出産の快進撃!!5

本日NO19にあらたな家族が誕生しました!

〜NO19体験談〜
昨日から陣痛が来ていたとのことでしたが、病院からは5分おき位になってから来て下さいという話だったそうです。

昨日夜中、約7分おきに陣痛。

朝方やや5分おきに近づいて来たがまだ様子を見る。

早朝、まだ早いかもと思いつつも仕事に出勤する為、嫁を乗せて病院に向かう。

が、その途中なんと急な陣痛が!

すると嫁「もう産まれる!だめだ〜!」といいいきなり車中でズボンを脱ぎだす。

ちょうど信号が赤になり嫁の状況を確認するとなんとすでに頭が半分!

やばいと思ったNO19!車中で自力出産を決意!
車中、赤の信号待ちの間、赤ちゃんをひっぱり出す!
するとすると、するっと赤ちゃんが出てきて産声を!

本気で車中で自力で産んでしまったそうです!
これぞ究極の立会い出産!

最初電話で聞いた時、冗談かな〜と思ったら本気らしい・・・。

すげぇ〜よ!すげ〜よ!NO19!

彼には今後OHRAの助産婦的な働きも出来るってことでそっちの活躍も期待したい!

しかし、へその緒でつながったまま赤ちゃんと共に病院に着いた嫁の姿を想像するとすげ〜笑える!!!

NO19に3人目が誕生した瞬間でした!
赤ちゃんど〜ん
satoshi_f at 10:48|この記事のURLComments(1)

August 04, 2006

最近の独り言・・・。

先週の金曜日NO12とNO17と練習後、二人が飲んでいる席に呼ばれ閉店まで飲んでました。と言っても私が参戦したのは12時前くらいでしたが。。。

そこに参加するとフットサルの熱い話が繰り広げられてました。
サッカーとの違い、プライドとの戦い、若手のがんばり、私自身熱い気持ちになりとても嬉しくなりました。

元々仲間うちで始まったチーム。類が友を呼び成長して今日に至ります。

私たちの同級は本格志向について行けず裏切るような形になってしまったメンバーもいます。
ただ本当に今のOHRAは楽しい!

以前は仲間うちだと厳しい事が言えず、成長に欠けるといった話を他チームから聞いた事がありますが仲間うちだから出来ることも沢山あると思います。
本当に私にとっては家族みたいなもんですよ!

まだまだ成長段階ではありますが今いるメンバーともしこれからOHRAに入ってくるメンバーがいれば皆で強く楽しくやっていきたい!
プライベートや家族を犠牲にしているメンバーも沢山いますが。。
特に私も女房、子供≧OHRAになりつつありますが。。。。

このメンバーで今後も強いOHRAを作って行ける事を私は信じています。

皆さんこんな言葉を知ってますか?

「keep in touch」

外人の方が手紙を書く時に最後に添える一言だそうです。
たしか「ずっと良き友達でいて下さい」というような意味だそうです。
良い言葉ですね!こんな言葉素直に日本人は言えませんが良い言葉ですね!

メンバーのみんなに感謝。少しでもOHRAを好きでいてくれる皆さんに感謝。
支えてくれる家族に感謝。

・・・keep in touch
全員でど〜ん
satoshi_f at 11:31|この記事のURLComments(2)

May 30, 2006

OHRA創設伝説5!うちのチーム名って・・・




今から約2年前うちのチーム体制が新体制になり本格的なフットサルチームをってことでチーム名をSELECTIVO de OHRAに変更しました。
その意味はずばり邑楽選抜のスペイン語ってことで命名したものだった。
しかし、2年の月日が流れ,たまたまスペイン語の勉強をし、SELECTIVO de OHRAを翻訳してみました。
すると、その直訳は邑楽に選択的・・・・意味がまったくわかりません。正しく邑楽選抜のスペイン語はSelección de OHRAだそうです。
今になっての新事実。今更変えられないのも新事実・・・。

March 08, 2006

キャプテン翼に・・5

28e9cddf.jpgb>ついにキャプテン翼に邑楽が載ったよ!今発売しているリミックス版の松井選手が翼君を語っている号です!っていうか過去歴代の全日本少年サッカーの全国優勝チーム一覧のところで第10回大会FC邑楽が清水FCと同時優勝だった時のものです。ここから現在SELECTIVO de OHRAで活躍している人も多数いますが、ちびっこ少年団のものでした。しかしキャプテン翼が原点でサッカーを始めた人も多いのでは!?僕もその一人で、当時よくオーバーヘッドの練習をしたものです。バーに当てる事の方が難しかったけど。

February 14, 2006

OHRA創設伝説(初期新年会)1

be10fa8e.jpg邑楽新体制前。当時はフットサルよりも飲みが盛んであった。そんな2003年新年会。僕らは雪の中大勢乗れるセレナで新年会に出かけた。太田に向かう途中悪乗りしたYさんはハンドルをきりふざけていると僕らは道路から脱輪。雪の中皆で押し上げた。この悪乗りは嫌な予感。行き先を邑楽のフィリピンパブに切り替えた。そこで再び事件は起きた!そこには大きなカラオケのステージがあり調子に乗ってブレークダンスを踊りだすNO.11。彼の足はカラオケモニターに当り、モニター転倒、でっかい鏡がぐっしゃり。そのまま呼び出されるまま事務所へ。罰金3万円。店員の態度が気に入らないと逆ギレ、うなる。フィリピン嬢どんびき。嫌な予感は的中していた。しかしその後も悪乗りは止まらなかった。帰りの車、Pはセレナのスライドドアを開けたままタバコを吸っていた。再び暴走するY。車を右へ左へハンドルをきる。ガサガサと木にこすれた音がした。もう寒いからドア閉めろよと言い隣を向くとPは青ざめていた。「ドアが無い・・。」えっ!車はどんどん進んでいる!止めろ止めろの声。止まって一同呆然。スライドドアがスライドし過ぎて50M前くらいに転がっていた。とりあえず奥さん方に言い訳を考える。フィリピンパブはまずい、ガストにいた事にしよう!そしてドアは対向車とすれ違った際、当て逃げされた事にしよう!OK!一同賛成!帰ってそのまま報告。「当て逃げした人、捕まえようよ!」とある奥さんは言う。皆は外人ぽかっただの言い訳をする。しかし冷静な奥さんが一人いた。「何故、すれ違う時、当て逃げされて左のドアが取れるの?」一同硬直。そうここは日本、左通行なのに左のドアが取れるのはおかしい。やばい!運転手のYはとりあえず外に出てドアをはめようとする。そしてその時Y婦人「リンダって誰?ガストにいるの?」彼の背中には飲み屋の子の名札が・・ドアが取れたこともガストに行った事も全て終わった瞬間だった。
satoshi_f at 20:35|この記事のURLComments(0)

February 10, 2006

OHRA創設伝説3(ジャージ)

49e61232.jpg上履問題と同時期、NO.5はいつもピンクのジャージを着ていた。上履にピンクのジャージの人がボールを蹴る。そう、どこから見ても変質者そのものだった。でも彼のピンクのジャージは我々が誕生日プレゼントに彼に送ってあげたものだった。彼は誰よりもチームとメンバーを愛してくれていた。我々がふざけてプレゼントしたジャージだったが彼はこの上なく愛用してくれた。再びNO.12がチームを去るかと迷った瞬間だった。
satoshi_f at 09:27|この記事のURLComments(0)

February 09, 2006

OHRA創設伝説2(フットサルシューズ)

3e59b488.jpg体育館を借りてミニサッカー的なことを始めた頃フットサルをそもそもあまりよく知らず、皆靴はバラバラ人口芝用のものを使う物もあれば普通のスニーカー、バッシュと今思えば本当にひどいものだった。しかもボールは普通のサッカーボール。
その頃人数が想像以上に集まらず知り合いの知り合いが人を呼びゲームが出来るくらいにはなってきた。そんな時NO.12がNO.19の紹介で突然現れた。
彼は関東リーグ所属マルバ水戸に在籍する選手だという!ただこの時皆、関東リーグがなんなのか?マルバ水戸って何?みたいな感じだったと思う。ただやはり彼は違った!まずはフットサルボールとやらを持っていた!それを見た俺らは弾まねぇー、飛ばねぇー、と思っていた。これが現在我がOHRAの監督であるNO.12との出会いだった。
彼は「いやーやばいとこに来てしまった、こんなボールも知らないこんな奴らとやりたくない」と思ったに違いない。そんなイヤな思いを持った彼が次に目にしたものは現在OHRAの代表でもあるNO.5の足元だった。
なんとNO.5は小学生の頃履くようなゴム付きの上履を履いていたのだ!スニーカー、バッシュを超えた上履!しかもゴム付き新品。関東リーグでやっていたNO.12には本当にありえない衝撃だったと思う。
NO.12は本当にこの時もう二度とここには足を運ばないと思ったと今現在語ってくれた。この後しばらくNO.12は現れなかったがちょっとした大会に無理やり助っ人で呼んで再び現れるようになってくれた。
本当に些細なことだが今のOHRAが存在しないかもしれない分かれ目だったと思う。
satoshi_f at 20:11|この記事のURLComments(0)
Total count
SELECTIVO de OHRA
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
訪問者数

楽天市場